事例紹介3「自分史を出版したMさん」

2018年05月17日(木)

発達支援教室エレファース及びエレファース進学塾での経緯

Mさんは、3歳の時に発達支援教室エレファースに御入会されました。エレファースでの学習が「初めての学習」で、クレヨンを持つこと、学習態勢を形成することが授業の中心でした。まさにSEOLEOのオリジナルメソッドによる基礎認知教育、文字・数・ことばの学習をリズムに乗って、楽しく繰り返し繰り返し積み上げてきました。普通幼稚園から公立小学校の普通学級に進み、とても意欲的にクラスに参加していらっしゃいました。中学校以降は養護学校(現・特別支援学校)に進まれ、クラブ活動や生徒会活動、学校行事、就職準備にも大変積極的でした。卒業後、16年間一部上場企業にて業務に携わり、ご家庭から独立してグループホームに入られてからは就労継続支援B型の作業所で活躍していらっしゃいます。30歳の時には自分史を出版し、一つの生き方を著しました。

担当講師の見解

Mさんは自由奔放で明るく活発、その分授業態勢形成には少し時間がかかりました。発達指数的にもダウン症として決して高い方ではなく、ひらがなの習得も小学校4年生の時と早くはありませんでしたが、ご本人の興味と大らかな家庭環境により、好きなことには集中し、年齢を重ねるに従い、どんどん力を発揮していきました。今ではメールの送信、スマートフォンを使いこなす、買物や交通機関の利用等、社会スキルはかなり高いものを持っていらっしゃいます。仕事にも余暇活動に

も今尚益々、意欲的且つ積極的です。

診断

ダウン症

進路状況

就学前 小学校 中学校 高校 専門学校・大学 就職
私立幼稚園 公立小学校
(普通級)
公立養護学校
(中等部)
公立養護学校
(高等部)
企業就労⇒就労継続支援B型

*イニシャルは本人のプライバシー保護の観点から実名とは異なります。

  |  

無料体験授業