事例紹介4「第一志望の大学に合格したOさん」

2018年05月17日(木)

発達支援教室エレファース及びエレファース進学塾での経緯

Oさんは小学校6年生の時に発達支援教室エレファースに入会され、普通級の勉強についていけるよう日々頑張っていました。学習能力は比較的高く、幼稚園の頃から漢字も読めていたと伺っています。その一方、他者とのコミュニケーションが少し苦手でした。お友達と上手くいかず、学校から帰って塾に来るなり泣き出してしまったことや、講師の言うことを中々聞けないこともありました。彼の鉛筆や消しゴム等の持ち物を講師が触ることさえ嫌がることもありました。
転機になったのは、中学生の時でした。受験に本腰を入れるということで、発達支援教室エレファースからエレファース進学塾に移籍されました。この頃より、次第に心を開くようになってきました。彼本来の力が存分に発揮され、着実に学力も伸びていきました。そして、第一志望の私立大学付属高校に合格しました。高校生になり、学力の向上はもちろん、性格も穏やかになりました。担当講師はじめ、他の講師達にも気持ちの良い挨拶をし、待合の親御様や他の生徒様方にも会釈をするようになりました。小学生の頃の彼からは、考えられないことです。
その後彼は、第一希望の他大学に挑戦し、一般受験で見事合格されました。今もエレファース進学塾で頑張っています。

担当講師の見解

私が担当したのは、彼が中学生の時からでした。当初は、「周りの人はみんな信用できない」というような目線で講師をにらみつけるようでした。私はまず彼との信頼関係を得ることを真っ先に考え、彼とよく話しをし、彼を尊重し、彼との信頼関係を築いていきました。「勉強に関しては良くできるな」というのが私の印象でした。数学、国語は特に得意で理解は大変早い方でした。英語のスペルを覚えることは苦手でしたが、毎週、毎週やっていくうちに苦手意識もなくなり、高校生になった頃には自分から「先生スペル書いて覚えたいので紙を下さい」と言い、A4用紙にびっしりと単語を発音しながら書いていきました。やらされていた勉強が自発的に行う勉強に変わりました。その意識の変化はとても大きく、それが第一志望の大学合格へと繋がっていったものと思います。

診断

グレーゾーン

進路状況

就学前 小学校 中学校 高校 専門学校・大学 就職
幼稚園 公立小学校
(普通級)
公立中学校
(普通級)
私立全日制
普通高校
私立四年生大学
(情報学部)

*イニシャルは本人のプライバシー保護の観点から実名とは異なります。

  |  

無料体験授業