指導の匠1348 : 講想工配「講師を想い工作後配慮!」

2016年09月21日(水)

おはようございます。国立教室の今村です。
%e9%9b%bb%e6%b0%97%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8aev%e3%82%b3%e3%83%a0%e3%82%b9_640%e6%97%a5%e9%87%8e%e5%b8%82

小学3年生のYくんとの授業は、丁度お腹がすく時間帯で、
授業中、講師のお腹が、「ぐーーっ」となってしまいました。

あまりにも大きな音だったので、
Yくんは、自分のお腹がなったのだと思い、
慌ててお腹をおさえました。

「Yくん、先生のお腹がなっちゃったんだよ。」と言うと、
Yくんは、「先生、お腹すいちゃった?」とほんの少し心配そうな顔。

「大丈夫。」と答えると、
Yくんは安心した顔になり、直ぐに学習を再開しました。

教科学習の後、かき氷の工作をしました。
黄色の絵の具を選び、
レモンシロップのたっぷりかかったかき氷が出来上がりました。

出来上がってとっても嬉しそうなYくんに、
講師は画用紙で作っておいたスプーンをさっと取り出し、
「Yくん、冷たくておいしいよ。食べてみて。」と渡しました。

しかしYくんはスプーンを受け取っても食べる真似をせず、
かき氷のお皿に添えて講師の前に差し出しました、
「先生、お腹すいちゃってるから、食べていいよ!」と。

…お腹の会話は、もう1時間近く前のこと。
本当に優しいYくんに感心しました。

周りの人にどう接したらいいか…自ら考えて行動出来るYくん。
その素晴らしいところが伸ばしていける、
穏やかな、気持ちのいい授業をしていきたいと思います。
%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%b3%e5%85%ac%e5%9c%92-%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e8%88%b9%e6%a9%8b%e5%b8%82_640

  |  

無料体験授業